当サイトにはプロモーションが含まれています

オラクルカードで相手の気持ちを占うのはNG?不向き&正しい質問の仕方と質問例

オラクルカードで相手の気持ちを占う質問例の参考画像
  • URLをコピーしました!

オラクルカードは、スピリチュアルな世界から神託を授かるためのツールです。

「スピリチュアルな世界と通じてるってことは、どんな質問にでも答えてくれる!」

なんてイメージを抱いている人も多いのでは?

しかしそれはイエスでもあり、ノーでもあります。

オラクルカードには、正しい質問の仕方と不向きな質問があることはご存知ですか?

もし誤った質問の仕方や不向きな質問をしてしまうと、正しいアドバイスが得られず、あなたを不幸にしてしまう恐れがあるのです。

なので、オラクルカードでリーディングを始める前に、しっかり質問の仕方を学んでおきましょう!

という事で、今回は

  • 相手の気持ちを占うのはNG?オラクルカードに不向きな質問
  • 正しい質問の仕方
  • 状況別の質問例

について詳しく紹介していきます。

目次

オラクルカードに不向きな質問は?相手の気持ちを占うのはNG?

オラクルカードに不向きな質問は、次の3つです。

  1. 誰かの気持ちを知るための質問
  2. YES/NOで答えを求める質問
  3. 未来を知るための質問

    占いに助けを求める人は、この3つに関わるお悩みをお持ち人も多いのではないでしょうか?

    しかし、これらの質問には、

    • プライバシーの侵害になる
    • 人を堕落させる
    • 自分で決断できなくなる
    • 占いに依存してしまう

      このような危険を秘めています。

      いったいどういう事なのか、順番に見ていきましょう。

      なぜ『誰かの気持ちを知るための質問』はダメなのか?

      これは早い話、

      「プライバシーの侵害だから」

      です。

      「占いにプライバシーなんてあるの!?」と、驚いておられる人もいるでしょう。

      あるんです!

      さらに、

      「アドバイスを受けて変われるのは、自分だけだから」

      です。

      この2つが、不向きである理由です。

      ① プライバシーの侵害

      いくら目に見えないスピリチュアルな世界でも、管轄のようなものがあるとお考えください。

      もし「〇〇さんの気持ちが知りたい」と占えば、あなたのサポートエリアにいる聖なる存在に、

      「〇〇さんの部屋を覗いてきてよ」と、頼むことと同じなのです。

      これはもし、逆に自分がされたらいかがでしょうか?

      例え好きな人であっても、監視されてるみたいで嫌ですよね。

      ストーカーや嫌いな相手だったら、もってのほかでしょう。

      聖なる存在に、そんな犯罪者みたいな真似をさせてはいけません。

      ② 望む未来のために変えられるのは自分だけ

      仮に「ケンカした友達の気持ちが知りたい」と、質問したとします。

      しかし気持ちが分かったからと言って、相手が何かしてくれるとは限りません。

      そうすると、結局行動を起こすのは自分です。

      それに良いカードが出れば「仲直りしよう」と思えるかもしれませんが、もし悪いカードが出てしまったら?

      「仲直りしたいけど、友達は嫌みたいだ。諦めよう」と、なりませんか?

      ここでの諦めは、後で「早く謝ってしまえば良かった」という後悔を生んでしまうかもしれません。

      「安心してから行動したい」という気持ちは大いに分かります。

      しかしオラクル占いで重要なのは、

      自分がどんな未来を望んでいて、今どうしたいのか」

      ということです。

      例えば、

      「友達と仲直りしたいので、上手くいくようアドバイスをください」

      この問いかけなら、望みを叶えるために今やるべき事を教えてもらえます。

      そしてそれを行動に移せば、状況を打開できるかもしれません。

      何もしないで待つより、ずっと望みが叶いそうですよね。

      占いは魔法ではないので、相手の気持ちを変えることはできません。

      しかしカードからのアドバイスで、あなた自身を変えることは可能です。

      確かに自分を変える事は容易ではないですし、プライドが傷つくかもしれません。

      しかしそれを乗り越えた時、あなたの心は大きな成長を遂げているでしょう。

      聖なる存在は、頑張り屋な人が好きです。

      あなたが成長を重ねていけば、オラクルリーディングの質も向上していきます。

      なぜ『YES/NOで答えを求める質問』がダメなのか?

      先に結論を言うと、

      • カードのアドバイスが質問に適していないから
      • 自分で決断できなくなり、占いに依存してしまうから

      この2点が不向きである理由です。

      ① カードのアドバイスが質問に適していない

      こちらはそこまで深刻な問題ではないのですが、現実的に不向きな理由として載せておきます。

      オラクルカードのデッキによっては、「YES」や「ちょっと待って!」といったメッセージのカードもあります。

      しかし大半のデッキには、ストレートな「YES」「NO」を示すカードは入っていません。

      どちらかと言うと、ソフトで遠回しなメッセージのカードが多いです。

      そのため、白黒はっきりさせたい質問には不向きと言えます。

      ② 自分で決断できなくなる

      そもそも、何故その答えを知りたいのでしょう?

      それは、

      「失敗や後悔をしたくないから」

      この気持ちが大きいのではないでしょうか?

      しかし、そのような気持ちで占うのは危険です。

      例えば「この告白は成功しますか?」という質問をしたとします。

      良いカードが出て、しかも告白が成功したとしたら、その後も何かを決断する際には、占わないと気が済まなくなるでしょう。

      その状態が悪化してしまうと、食事のメニューでさえ、占いに決めてもらいたくなってしまいます。

      「パスタを食べたいけど、運気が悪くなるってカードが言うからお蕎麦にする」

      そんな毎日、嫌ですよね。

      人によっては良いカードが出るまで、何度も何度も引き続けてしまうかもしれません。

      もしくは、カードがGOサインを出すまで何年も待ち続け、その間に好きな人が結婚してしまって後悔した…なんてこともあり得ます。

      占いに依存し、束縛された人生なんて楽しくないですよね。

      人間は失敗や後悔をすることで学び、成長していきます。

      それは辛いかもしれませんが、自分を磨き輝かせるには必要な過程です。

      宝石だって最初はただの石ころですが、手間ひまかけて丁寧に磨いていくと、キラキラと輝くようになります。

      人間も同じです。

      失敗を恐れては成長できないのです。

      そして、カードに決断をゆだねることは思考の放棄と言えます。

      自分で考えて行動できない人間は、堕落してしまいます。

      聖なる存在は、堕落した人間には協力しません。

      そうすると邪悪な存在を引き寄せてしまい、正しいリーディングができなくなってしまいます。

      その結果、さらなる占い依存や、堕落を加速させることに繋がってしまのです。

      なぜ『未来を知るための質問』がダメなのか?

      これもやはり、

      「自分で決断できなくなり、占いに依存してしまうから」

      これが大きな理由です。

      ① 未来を知れば安心とは限らない

      人は何故、未来を知りたくなるのでしょう?

      「不安だから」

      これが一番の理由ではないでしょうか?

      しかし未来を知るための占いをして、その結果が良くても悪くても、やはりYES/NOの答えを求めた時と同じ状況に陥ってしまうでしょう。

      例えば「私は来年〇〇大学に合格して楽しんでいますか?」という質問をしたとします。

      良いカードが出れば、「もう合格は決定してるんだから、あんまり頑張らなくても大丈夫」と、気の緩みが出てしまうでしょう。

      下手したら、勉強も手加減してしまうかもしれません。

      努力を怠ることは堕落です。

      悪いカードが出れば、「こんなに頑張ってるのに、そんなはずない!何かの間違いだ!」と、望む結果が出るまで引き続けてしまうでしょう。

      そうしないと安心できないからです。

      これは依存へと繋がりますし、占いに時間を裂く分、勉強時間も減ってしまいます

      努力を怠っている上に、「合格」という目標も遠ざかっていくことでしょう。

      安心を得るために占いをしているのに、かえって不安になってしまったら本末転倒です。

      それなら占いなどせずに、「私は絶対合格する!!」というアファメーションをしていた方が良いかもしれません。

      それでももし未来について知りたいという事であれば、スプレッド(並べ方)によっては、一部の未来でしたら占いで視ることが可能です。

      それについても、少し見ていきましょう。

      ② スプレッドによっては、限定的な未来を視ることも可能

      「〇〇大学へ進学した未来を教えてください」とか、「あの人と付き合った未来が知りたい」といった質問は、自分の思考力や行動力を貶めてしまいます。

      しかし「叶えたい願いがある」「変えたい未来がある」といった場合には、オラクルカードで未来を視ることも可能です。

      それを可能にするスプレッドを2つご紹介します。

      《スリーオラクルリーディング》

      スリーオラクルリーディングでは過去、現在、未来を視ることが出来ます

      並べ方は、カードを3枚左から順に横一列に並べるだけです。

      • 【左】過去のカード → 原因
      • 【真ん中】現在のカード → 今やるべきこと
      • 【右】未来のカード → 現状のままで迎える未来

        この3つが分かります。

        例えば、

        「転職しようと思ってます。上手くいくようにアドバイスをください」

        という質問に対しては、次のように見ることができます。

        • 過去 → 転職するに至った原因
        • 現在 → 良い転職をするためのアドバイス
        • 未来 → 現在の質問者の状態で引き寄せやすい未来

          もし無意識にでも「転職はしたいけど面倒だな~」という気持ちが大きければ、その心理状態で起こりうる未来を示すカードが出ます。

          まずは、自分の本当の気持ちを確かめることが重要でしょう。

          《フォーカード・サークル》

          4枚のカードをダイヤ形に並べる方法です。

          時計でいう9時の位置を起点に、6時、3時、12時の場所に順にカードを置いていきます。

          • 9時 → あなたの目的や現状
          • 6時 → あなたの目的を果たす時に障害となるもの
          • 3時 → 障害を乗り越えるためのアドバイス
          • 12時 → アドバイスに従った結果に起こりうる未来

            このスプレッドでは、9時のカードで自分の深層心理が分かります。

            つまり「心の底で本当に願っている事」ですね。

            今の自分の本当の気持ちを知ることは、行動の選択肢を増やしたり、頑張る原動力にもなります。

            未来にばかり気を取られるのではなく、ぜひ今の自分にも注目してもらいたいですね!

             

            この2つのスプレッドは、現状を打開するためのアドバイスも教えてくれます。

            「未来を知って終わり」ですと、質問者の成長には繋がりません。

            しかし「望む未来をつかみ取るために今できる事をやる!」は、ちゃんと自分磨きになってますよね。

            正しい質問の仕方

            さて、ここまでオラクルカードに不向きな質問を詳しく見てきましたが、逆に「正しい質問の仕方」とはどのような質問なのかを、次に見ていきましょう♪

            まず、正しい質問をする上で、大切なポイントがあります。

            それは、

            「現在の自分に必要なアドバイスを求める」

            ということ。

             

            あまりイメージが湧きませんよね?

            少し具体的にご説明しましょう。

            オラクルカードの「oracle」は「神託」という意味です。

            「神託」とは、神様や天使といった聖なる存在からアドバイスを授かることです。

            よく神話などで「干ばつが続いて困っています。どうすれば雨は降りますか?」という場面がありますよね。

            そうすると巫女やシャーマンといった人達が、聖なる存在からの声を預かり、民衆に伝えます。

            例えば「西の地に神殿を建てよ」なんて指示をされます。

            そして指示通りにしたら雨は降り、民衆は助かりました。

            どうでしょう、これが神託を授かるということです

             

            イメージは湧きましたか?

            オラクルカードはこれの簡易版です。

            つまり『自分が困った時に聖なる存在から、いつでもアドバイスを授かれるツール』と言えるでしょう。

            そして、神託は「現状打破のために必要なアドバイスを授かるもの」です。

            そのため、質問も「現在の自分」を軸にする必要があります。

             

            例えば、

            「夢を叶えるために、今自分が頑張らなきゃいけないことを教えてください」

            「職場の人間関係で悩んでいます。良い解決策やアドバイスはありませんか?」

            といった問いかけです。

            上記の問いかけは、今の自分に必要なアドバイスを求めてますよね。

            このような質問の仕方が、オラクルカードに適した質問の仕方です。

            状況別の質問例

            ここで、次の3つの状況別に、実際の質問例も紹介します。

            • 恋愛
            • 人間関係
            • 将来の夢

              ぜひ質問を考える時の、参考にしてみてくださいね♪

              恋愛に関する質問例

              • 好きな人を振り向かせるために、私はどう変わればいいですか?
              • 理想の人と出会うために、今の私がすべき事は?
              • プロポーズを成功させるためのアドバイスをください。
              • SNSで知り合った人を好きになってしまいました。しかし会った事もないので不安です。私はどうしたらいいですか?
              • 恋人と上手くいってません。どうすれば前のように仲良くなれますか?

              人間関係に関する質問例

              • どうしても苦手な人がいます。その人との関わり方についてアドバイスをください
              • 気の合う友人がほしいです。どうしたら出会えますか?
              • 上司からパワハラを受けています。どう対処すればいいですか?
              • 仲の良かった友人が最近よそよそしくなってしまいました。仲直りするために、自分がすべきことを教えてください。
              • 姑の干渉が酷いです。距離を置くためにはどうしたらいいですか?

              将来の夢に関する質問例

              • アイドルになるために、今の自分が頑張るべき事を教えてください。
              • 40歳までに一戸建てに住みたいです。アドバイスをください。
              • 資格の勉強をしていますが、気が散って捗りません。どうしたら集中できますか?
              • 進路で迷ってます。自分に合った道を決めるためのアドバイスをください。
              • プロのミュージシャンになるために頑張ってきましたが、限界を感じています。自分はどうしたら幸せになれますか?

              まとめ

              オラクル占いは他の占いよりも、質問の仕方が少し難しいかもしれません。

              しかし、『オラクルカードからは、自分を高めるためのアドバイスを授かれる』と、考えてみたらいかがでしょう?

              質問が考えやすくなりませんか?

              自分で自分の未来を切り開いていくのは大変です。

              しかし、努力家なあなたはとっても素敵です。

              聖なる存在も、そんなあなたが大好きです。

              あなたが助けを求めれば、きっとカードが最善のアドバイスを授けてくれることでしょう。

              よかったらシェアしてね!
              • URLをコピーしました!
              • URLをコピーしました!
              目次